【高砂寿司】テレビチャンピオンが握る寿司が東雪谷にあります!!

地元に根付いている寿司屋って良いですよね。
今日は、そんな地元民に愛されている高砂寿司のご紹介。
寿司屋のナウなブログ(高砂寿司公式ブログ)によると、大田区の東雪谷、上池台、仲池上、久が原、中馬込、西馬込のお客様を中心にした地域に密着したお寿司屋さんを目指しているとのこと、ふふっ、うちも入ってる。

当日は、同級生の若杉君、通称若ちゃんのお誘いで、久しぶりに来店しました。
店舗外感が、何かお洒落に変わっています。誰の仕事でしょうか??
店内に入ると、清潔感があり、変わらぬ大将の笑顔。

今日も、うまい酒食が期待できそうです(*^-^*)

お通しをいただいた後、定番の刺身の盛り合わせ。
鮪、甘えび、烏賊、コハダ、しめ鯖。
どれもこれも、しみじみ美味い。

穴子の焼きもの。
白焼きともまた違う。
たれ焼きなのかなぁ。
中はふわっと、外はぱりっと。美味いです。
この頃、日本酒「高砂」をスタートです。

殻付き雲丹。
美しい橙色に、きめ細かい粒。
雲丹は、身が潰れてしまっているのが多いですが、この雲丹は違います。
可食部分は少ないですが、もうこの見た目だけで、心躍りませんか?
食べるのがもったいない。でも、食べないともっともったいない。
食せば、当然、舌のうえでは、きめ細かな滑らかな食感。
満足です。
当然に「高砂」お代わりです。

京料理の夏の定番、鱧の落とし梅肉ソース
小骨の骨切りが必要で、グルメ番組で、シャッシャッと小気味よい音をたてて、熟練の職人が、見事な包丁捌きをしている姿を見かけますが、こちらも丁寧な仕事ぶりが見られます。
爽やかな梅肉ソースとあえた淡白な鱧は、もちろん美味しく、口の中をさっぱりと。
鱧を食べて、ますます食欲があがります。
これもまた、日本酒がすすみます。
さらに、「高砂」をお代わりです。

Processed with PICSPLAY

箸休めにピッタリな蛸の煮つけ。
このテカリが良いですよね。家庭ではけして再現できない、この色合い。お見事です。
甘じょっぱい味付けの蛸は、鱧の梅肉ソースとのコントラストが出色です。

これは、本当にやばいです。
ほうれん草の一口グラタン。
主に貝類でしょうか。寿司だねの海鮮がたっぷりグラタンに入っています。
魚介のうまみがそのまま、グラタンのホワイトソースに溶け込み、ほうれん草にからまり、得も言われぬ美味さ。
温められたことで、魚介のうまみが、これでもかと主張してきます。
貧乏性を最大限に発揮し、一口では勿体なさすぎて、何口にも分けていただきます。
そして、日本酒が、どんどんとすすんでしまいます。
大将、これは商品名の変更を希望します!

そして、握りが供されます。
すでに十分に、味覚、触覚、嗅覚が満たされていますが、丁寧な仕事がなされた握りは、どれも美味しい。
鮨って、単に鮨飯とネタを合わせただけではない、新たな食の世界が開かれますよね。
食べた瞬間に、ほろほろと溶けていく酢飯、赤酢使っているのかなぁ。
シャリの色が独特です。
シャリが口のなかで溶けていくと同時に、ネタも口の中で同時になくなっていき、うま味の余韻だけが残ります。
まさに至福。
至福の鮨を食べられる寿司屋。
それが地元に。
大田区の東雪谷、上池台、仲池上、久が原、中馬込、西馬込の住民は、幸せです。

今回ご一緒したのはこちらの方

男なのに癒し系 洗足池の工務店4代目社長、若ちゃん。
同い年のため、仲良くさせてもらっています。
実際に、ユニットバスを設置してもらったり、強風で窓ガラスが割れて直してもらったり、天井埋め込み型スピーカーが壊れて交換してもらったりと色々とお願いしています。迅速かつリーズナブルな使い勝手の良い工務店。
そんな工務店の社長と知り合えてラッキーでした。
実は、高砂寿司も、株式会社プラスフィールド建築デザイナーの上田和孝氏のデザインで、若ちゃんが施工したそうです。

若杉 健志

木造耐震補強+リフォームが得意な工務店

リフォーム・新築のセダー建設株式会社代表

現場に強い一級建築士

大田区は洗足池にて、地域密着型工務店をしており、私は4代目です。
ひいお爺ちゃんやお爺ちゃんは棟梁でした。
その時代から続く「伝統の技」に加え、耐震性や省エネに優れた「今」を加えた家づくりが大事だと思います。
デザインを重視するあまり、納まりが悪く、長持ちしない工事をよく見かけるんですが、私は、それが許せないんです。建物の10年20年って、あっという間なので。
一言でいえば【温故知新の家づくり】を行なってまいります。
セダー建設は、通常の内装・外装・水回りリフォームの他、特に木造耐震補強に強みを持っています。

イベント好きです。年に一度の「セダケンまつり」の他
餅つき・バスツアー・工作教室・セミナー等々開催しています。

Profile Picture

高砂寿司の店主はこちらの方

鮨を握る腕は特級の菅田さん、駅前留学歴7年、英語を話す寿司職人。
さすがアメリカ帰りというべきか、平成18年から、寿司屋のナウなブログ(高砂寿司公式ブログ)で、日々投稿しています。
先輩ブロガーですね。
そちらの面でも、教えを請おうと思います!

菅田 勇樹

テレビチャンピオン巻き寿司職人選手権優勝のお寿司屋さん

有限会社高砂寿司代表取締役
すし料理専門調理師 調理技能士 ふぐ調理師 
調理技術技能評価試験委員

アメリカ帰りのカリフォルニアロールが得意なお寿司屋さん

みどり幼稚園、大田区立池雪小学校、大田区立雪谷中学校卒業
地元をこよなく愛しています。
法政大学第二高校時代はハンドボール部所属インターハイ3位入賞
法政大学時代は世界経済論のゼミに所属
夜は大原簿記学校で簿記の勉強をしてました。
大学卒業後は梅ヶ丘美登里寿司にて寿司職人の修行に入る。
数年後高砂寿司2代目として働き始める。
そして数年後お店が区画整理にあい店舗を立て直すことになりその間渡米。
テネシー州ナッシュビルの新富というお寿司屋さんで世話になりカリフォルニアロールや英語の勉強に明け暮れる。
帰国後、テレビチャンピオンの話が来て出場したら運よく優勝。
そしたらテレビの仕事がちょくちょく入るようになり一時はそんな仕事もしてました。

趣味 スキー(SAJ1級)、水泳、ガーデニング
最近、ハマっているのはワイン。

Profile Picture

関連ランキング:寿司 | 西馬込駅

高砂寿司(Takasagozushi Restaurant) Facebookページ
高砂寿司プレミアムワインパーティー

お気軽にお問い合わせください。03-6206-9382電話受付時間 9:00-18:00
[土日・祝日除く ]
メールでの問合せは全日時対応しています

お問い合わせ


【高砂寿司】テレビチャンピオンが握る寿司が東雪谷にあります!!”へ1件のコメント

コメントを残す